自分が結婚活動を実践していこう、と決意した時、婚活という言葉の意味を知ってはいるもの・・

私がいざ、婚活をこれからやっていこう!と本気で決意したと・・

  • 私自身が結婚活動(婚活)をしよう、と本気で考えたとき、婚活という言葉の意味だけは知っていたもののいったい何をやるべきかは、何も思いつきませんでした。結婚相手を見つけて、結婚のための活動全般のことをひっくるめて婚活と言うのですが、パッと頭に浮かんだのは、結婚相談所でしたが、結婚相談所を利用するにしても、すごくお金がかかります。それに、やる気がガクンと下がりそうになりました。このあと、友人や知り合いに相談したり、インターネットで検索していくことで、無事に、婚活が目的のパーティー・マッチングサイトを選ぶことにしました。私と同じように、最初は何をしたら良いのかわからない人や相談できる人がいない場合、いつまでも行動できない可能性が高いかもしれません。ですので、行政で婚活をサポートする制度を創設してほしい、と思います。
  • 結婚活動を始めたころ、私の知り合いが似合う相手を紹介してもらったりす・・

  • 結婚活動していたとき、私の仲の良い友達が良さそうな相手を紹介してもらったりする事が多くありました。紹介してくれる相手に関しては、前もって、どんなタイプの人が教えてもらっていますから不安に感じることもなく二人だけで会うことが多かったのですが、そのような場面では、食事の席、当然お酒がある場でもあるし、お互いに大人でもあるので、それなりに話を合わせるのが普通だと思うんですよ。しかし、会うことになった男性がまともな大人とはいえない態度だったのです。最初から最後まで深めにかぶっていた帽子を脱がず、会話しても目も見ないで、驚くほど無愛想な態度でした。二人きりなのに余りにもひどすぎます。そんな感じで無愛想な態度をとられると、私のことが嫌だったのかと普通だったらそう思います。なのに、帰ろうということも言わないんです。そうなると私の方でも、その人の態度に混乱してしまってその理由を尋ねたら、「俺、人見知りだから」ですって。いい大人が何を言ってるんだと呆れました。せっかく、いろんなことを手配して席を設けてくれた友達夫婦に申し訳ないと思い、その男性と別れた直後事情を話し、謝ることにしました。私に非があるとは思えないけど。