自分がいざ、結婚活動(婚活)をしよう!と考えたと…

自分がいざ、婚活をしよう!と思ったとき、婚活の意味だけは知っていたもの・・

私が婚活をしよう、と真剣に考えたとき、婚活の意味を知ってはいるものの、具体的に何をどう始めるべきかは、理解していませんでした。パートナーを見つけ、結婚に至るまでの活動全般を総称して婚活と言いますが、私の頭に思い浮かんだのは、結婚相談所でしたが、すぐに結婚相談所に登録するのは、かなりの出費となります。それに、敷居が高い感じもあり、やる気がガクンと下がりそうになりました。しばらく、友達や知り合いに相談したり、ネット検索してみて、無事に、婚活が目的のパーティーや、マッチングサイトの利用を始めました。私のように、最初は何をしたら良いのかわからない人や身近な人に相談するチャンスがないと、多いと思います。ですから、行政で婚活を応援する制度を創設してほしい、と願うばかりです。

結婚活動していたとき、私の仲の良い友人が率先して良さそうな人を紹介してもらったりする…

結婚活動を始めたころは、知り合いが良さそうな人を紹介してもらったりすることがたくさんあり、出会いの場を提供してくれていました。紹介してくれる相手に関しては、前もって、どういった感じの人が教えてもらえるので心配もなく(自分の知っている人の知り合いでもあるので)二人だけで会うことが多かったわけですが、そのような場面では、食事しながらという場合が多く当然のことながらお酒があったりしますし、お互いに大人同士ということもあるので、それとなく話を合わせたりするのが当たり前だと思うんですよ。なのに、会うことになった相手がまともとはいえない態度を見せました。帰るまで帽子を脱がないまま、目も合わせることなく、本当に無愛想な態度だったのです。一応、紹介という形で来ているはずなのにそれはないと思いました。そんな感じで無愛想な態度をとられると、私が気に入らなかったのかと普通は思うと思うんですよね。なのに、帰ろうということも言わないんです。私の方でも、その人の態度に訳が分からなくなってしまって理由を尋ねると、「人見知りなんです」と言っていました。(・・・)いい大人が何を言ってるんだと呆れました。せっかく私のために席を設けてくれた友人に申し訳なくてその男性と別れたすぐ後に事情を話し、謝ることにしました。私が謝る事じゃないんだけど。