結婚活動(婚活)をしている人のなかには、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれれ・・

婚活では、結婚する相手に求める条件として愛情が一番です!

  • 結婚活動をしている人のなかには、結婚する相手に求める条件としてお金以上に愛情を優先したいなんて言う人もいるでしょう。しかし、現実、プロフィール欄で一番最初に注目してしまうのは顔です。次に年収、次に職業がチェックされます。そういう根拠といえるのは、ブサイクな見た目、はどちらも婚活市場では人気がありませんし、年収が500万以下の男性の場合は、女性との出会い自体がかなり厳しくなります。職業について女性の場合ですと、それなりの年齢なのに家事手伝い、と書くと、家計をともに支える気持ちがない、と見られてしまい男性からは結婚相手としてはずされる可能性が高まります。といったように結婚活動で重視される部分を理解できていないと、まず第一段階である会って話をするチャンスすらなく、気づけば何十連敗、、、と最悪な状況に陥ってしまうかもしれません。

  • 婚活で上手くいくためにはいくつかの点に注意しておくべきです。

  • 結婚活動で成果を出したいのなら、いくつかの点に注意しておくべきです。その注意すべき点とは、「3度目のデート」なのですが、これは、その後の相手との進展に多大なる影響を与えることになる可能性があるからです。大抵の人が、初対面のときも、その次でも、まだ、お互いに緊張感がしっかりあるので、大きな失敗を避けやすいのですが、3回目となると、ついつい油断して、思わず、つい相手に悪い印象を与えてしまって、その時点で結婚活動が失敗に終わることもあります。「子供の頃からある悪いクセがなおらない」のように、無意識に悪い癖があるという人は、相手にそれがばれないように注意しましょう。具体例としては、面と向かって話している時、無意識に鼻をほじってしまったり、更に、音を立てて食べる、箸やナイフの持ち方がヘンなど、誰かに指摘されないと自分では気付くことのできない癖はあったりするので婚活相手が不安にならないように、マナーを再チェックしておきましょう。