結婚活動(婚活)において、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれた場合…

婚活において、結婚する相手に求める条件としてお金なんかより愛情を優先した…

  • 婚活において、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれたらお金以上に愛情が大事と言う人もいるかもしれません。ですが、実際には、プロフ欄でまず最初に注目してしまうのは顔です。次に年収、その次に職業がチェックされます。その根拠といえるのは、ブサイクな見た目、はほぼ相手にされず年収が500万以下の男性の場合ですと、女性との出会いのチャンスが少なくなります。職業も女性の場合、若いわけでもないのに家事手伝い、と記載していると、仕事をして家計を支える気持ちなんてない女性、と男性からは判断されてしまい、結婚対象としてはずされる可能性が高まります。といったように婚活で最も重視される事実を疎かにしていると、会って話をすることすらなく、物事が進みもしない、といった事になりかねないです。

  • 結婚活動を成功させるには、いくつかのポイントを抑えておかないとなりません。

  • 結婚活動で失敗しないようにするためには、いくつか気をつけておかなくてはいけません。その注意しておくべきことというのは、「3度目のデート」です。この3回目のデートは、その後の婚活に大きな影響を与えることになる可能性があるからです。ほとんどの人が、初デートも2回目のデートでも、まだ、緊張感がしっかりあるので、相手に拒絶されてしまうような大きなミスは防ぎやすいのですが、3回目ともなると、緊張が減り、知らず知らずのうちに相手から引かれる言動をしてしまい、その時点で婚活が失敗に終わる可能性もあります。「ずっと悪いクセを持っている上、なおらない」など、なんとなくする悪い癖があるという人は、相手にそれがばれないように注意しましょう。たとえば、面と向かって会話している時、爪を噛む、髪をかきむしる、スマホをいじって目を見ない、おしぼりで顔を拭いたりなど、誰かに指摘されないと気付くことのできない癖が必ずあるので相手をガッカリさせないように、マナーを再チェックしてください。