私自身がいざ、婚活をしよう、と思ったとき、婚活の意味だけは知っていたものの…

私自身が婚活をしよう!と真剣に考えたとき、婚活の意味だけは知っているものの、…

いざ、結婚活動(婚活)をしよう、と思ったとき、婚活の意味を知ってはいるものの、具体的に何をどう始めるべきかは、何一つ、思いつきませんでした。パートナーを見つけ、結婚に至るまでの活動のことを総じて婚活と呼ぶわけですが、思いついたのは、結婚相談所でしたが、いきなり結婚相談所に申し込みするのは、お金が必要になりますし、カンタンには決められないな、と躊躇してしまいました。しばらく、友人や知人に相談してみたり、インターネットであれこれと検索してみて、無事に、婚活でしているパーティー、婚活アプリを選び、婚活をスタートすることができました。私のように、最初は何をしたら良いのかわからない人や相談できる相手がいないと、行動にうつすまでに時間が掛かるかもしれません。ですから、もっと国で婚活を指導したり婚活を応援する制度を作ってほしい、と思ったりもします。

結婚活動をし始めたころ、仲の良い友人が率先して良さそうな相手を紹介してもらったりす・・

結婚活動をし始めた際、私の知り合いが良さそうな相手を紹介してもらったりすることがたくさんありました。紹介してもらう男性については、前もって、どういった感じの人が教えてもらえるので何の心配もなく二人で会うことが多かったのですが、そのようなシーンでは、食事しながらという場合が多くお酒も当たり前にありますし、お互いに大人でもあるので、何となく話を合わせるのが当たり前だと思うんですよ。が、食事することなった男性が常識ある人とはいえない態度だったのです。帰るまで深めにかぶっていた帽子を脱がないまま、目も合わせることなく、驚くほど無愛想な態度だったのです。紹介とは言え、納得して来ているわけですから余りにもひどいと思いました。そんな風に露骨に無愛想な態度をとられたら、よっぽど私のことが気に入らなかったのかと普通だったらそう思うと思うんです。でも、帰ろうと一言も言いません。私の方でも、その人の態度に困ってしまい理由を聞いてみたところ、「僕、人見知りだから、話すのが苦手で」と言っていました。(・・・)それを知って本当に呆れ果てました。私のことを思って一席設けてくれた友人に申し訳なくて彼と別れた直後事情を話し、謝ることにしました。しかし、私が悪かったのでしょうか?