私が婚活パーティーや結婚相談所に登録をする前は、並行してマッチングサイトも使用していました。

私が婚活パーティーとか結婚相談所に登録する前は、並行してマッチングサイトもやっていました。

婚活パーティーとか結婚相談所に登録する前は、マッチングサイトも使用していました。プロフィールを拝見して相性が良さそうだと思った人に積極的にメールを送ってみたり、その反対に受信したりして、サイトの中でやり取りをして意気投合して…とここまでは普通わりと進むわけですが、どうした訳か「近々お時間があえばぜひ会いませんか」と申し出たら、「最近忙しくて難しい」という感じで拒否されることが本当に何回もありました。断られた訳はよくわからないのですが、メールで行うやり取りだけで相手は満たされてしまっているのか、何よりその先へ進むことが他のものとは異なり巨大な正念場になります。メールでやり取りしているのみでは時間がすごくもったいないと考えるのですが、思ったよりも男性はそうではない方が多くいるみたいです。そんなわけで私はいち早くマッチングサイトは辞退しました。また、メル友が欲しい人以外は、婚活は他のやり方の方がマッチングサイトより何倍も素早く相手を発見することができると感じます。

最近の婚活では、年収300万ぐらいの男性だった場合は…

今の婚活をするのなら、男性の年収が300万円クラスの場合だと、資格持ちの女性で、バリバリ働ける女性は大きな強みになっています。ところが年収500万円クラスになると、パートをするくらいでも良いので、きちんと働く意思を持っていると専業主婦にはならない気持ちを強調しておくべきです。さらに、700万円を超えている場合は、完全に家庭に入り、ちゃんと育児・家事全般を真面目にすることをアピールするのが良いです。このように相手のニーズに合わせると、男性としては自分の将来に安心感を覚え、パートナーとしての条件を満たしやすいのです。そして、効率的に女性側が婚活をコントロールできるはずです。