私が婚活パーティーとか結婚相談所に登録をする前は、マッチングサイトもやっていました。

婚活でするパーティーや結婚相談所を始める前は、並行してマッチングサイトもやっていました。

私が婚活でするパーティーや結婚相談所に登録する前は、マッチングサイトも利用していました。プロフィールを覗いてみて気が合いそうな相手の人にメールを送ってみたり、逆にもらったりして、何回かサイトの中でやり取りをして意気が合って、いい感じ…とここまではいつもうまく行くわけですが、どういう訳か「近いうちお時間があったらぜひお会いしませんか」と切り出したら、「最近忙しくて難しい」という感じで拒否されることが何度もありました。理由はよくわからないのですが、メールでするやり取りのみで相手は充実感を得てしまっているのか、ともかく先へ進むのが他の方法とは違って大きな正念場になります。メールでやり取りをやっているだけだと時間がもったいないと思うのですが、思いのほか男性はそうではない人が結構たくさんいるみたいです。そんなわけで私は早いうちにマッチングサイトは卒業しました。また、メル友が欲しい人でないなら、他の手法の方が何倍も短時間で結婚相手を見つけられると思います。

昨今の婚活事情では、男性の年収が300万円前後の場合…

昨今の婚活状況を見ると、年収300万前後の男性の場合は、資格を持っている女性や結婚後もバリバリ働ける女性は大きな強みになっています。相手の年収500万円クラスの男性を対象にする場合は、パートするレベルでも、「私も働く意志がある」と専業主婦にはならない気持ちを表明しておきましょう。また、相手の年収が700万円を超えている場合は、専業主婦になる気持ちがあり、育児、家事などを真剣に取り組むことを訴えるのが良いです。このように、相手男性のニーズに合致した態度を示しておくと、相手としては自分の将来に安心感を覚え、パートナーとして選ばれやすく、時間をムダにすることなく、有利に婚活を進めていけるでしょう。