私が婚活でやっているパーティーや結婚相談所を始める前は…

婚活でするパーティーや結婚相談所に登録する前は、マッチングサイトも活用していました。

  • 私が婚活パーティーや結婚相談所に登録する前は、マッチングサイトも活用していました。プロフィールを見てみて相性が良さそうな相手の人に積極的にメールを送ったり、その逆に受信したりして、何回かサイト内でのやり取りをして意気が合って、いい感じ…とここまではいつでもわりと進行するわけですが、どういう訳か「近いうちお時間があえば一度会いませんか」と申し出ると、「最近忙しくて、時間を作るのは難しい」と拒否されることが本当に何回もありました。相手が断った理由ははっきりとはわかりませんが、メールで行うやり取りだけで相手は気分が満たされてしまっているのか、ともかくその先へ進むことが他の婚活方法と異なって巨大な正念場になります。メールでやり取りしているのみではその時間がすごくもったいないと考えるのですが、思いのほか男の人はそうではない人がたくさんいらっしゃるみたいです。だから私は直ちにマッチングサイトは終わらせました。また、メル友を探している方以外は、婚活はその他のやり方の方が何倍も早くパートナーを発見することができると感じます。
  • 最近の結婚相手を探して婚活するのでは、男性の年収が300万円前後だった場合は…

  • この頃の婚活をするのなら、男性の年収が300万円程度だった場合は、経済的に考えると、資格のある女性・結婚後もバリバリ働ける女性を望んでいることが多いのです。しかし、相手の年収500万円クラスになると、アルバイト勤務でも少しは働く意思を持っていると、専業主婦にはならないという気持ちをアピールしたほうがいいでしょう。さらに上、つまり700万円以上の場合であれば、完全に家庭に入って、ちゃんと育児・家事に向き合うということをアピールすること。こういった対策をしていくと男性としては将来に安心感を感じ、パートナーとしての信頼を勝ち得やすいのです。結果的に有利に婚活の主導権を握りやすくなります。