私が婚活でやっているパーティーとか結婚相談所を始める前・・

婚活パーティーとか結婚相談所を始める前は、並行してマッチングサイトも行っていました。

婚活でやっているパーティーや結婚相談所に登録する前は、マッチングサイトもしていました。プロフィールを見て気が合いそうな人にメールを送ってみたり、逆に受信したりして、サイトの中でやり取りして意気投合して…とここまでは決まってうまく進むわけですが、なぜか「近々お時間があったら一度お会いしませんか」と申し出たら、「最近多忙で難しい」という感じで拒まれてしまうことがたくさんありました。断られた訳ははっきりとはわかりませんが、メールでするやり取りのみで十分なのか、ともかく先へ進むことが他の婚活方法とは異なって巨大な障害なのだと感じました。メールでのやり取りのみだとその時間がすごくもったいないと感じるのですが、思ったよりも男の人はそうではない人が結構いらっしゃるみたいです。私は早々にマッチングサイトは諦めました。メル友を求めている方以外は、他の手段の方がマッチングサイトより何倍も早く相手を発見することができると思います。

近年の婚活においては、年収300万ぐらいの男性の場合・・

昨今の婚活の市場では、年収300万前後の男性の場合だと、資格を持っている女性、結婚後も正社員として働ける女性が有利となります。ですが、年収が500万円前後の場合は、アルバイトをするレベルでも、きちんと働く意思を持っているという完全には専業主婦を希望していない、気持ちを強調しておくべきです。さらに、年収が700万円を超えている場合なら、専業主婦になる覚悟があり、子育て・家事に向き合うことをアピールするのが正攻法です。そのように対応すれば相手は将来に安心感を感じ、パートナーとして選ばれやすくなります。それに、ムダなく無理なく婚活の選択肢を増やせます。