普段の私は、とても明るい性格で、誰と会話しても意思をハッキリ伝えています。

普段はとても明るく、意思をハッキリ伝えるのが好きです。

私は、とても明るいほうで、ポジティブなタイプですし相手が誰であっても意思をハッキリ伝えています。婚活で行われるパーティーでは、内気で物静かな雰囲気の女の子を演じてみたかったのですが、どうもしっくり来なかったです。なんというか、自分で自分を恥ずかしいと感じてしまうこともありました。しかし一度だけ、知り合いに会う心配のない婚活で行われるパーティーに出席した時は、おとなしい女性に最後までなりきることができました。周りが知らない人という安心感もあったので、勇気を出して、「聞き上手」な控えめな女性になってみました。いつもの私は、「おしゃべり」ですが、終わりまでずっと、わたしから話すのを一切止めて、相手が話しているのを笑顔で聞くだけ、という実にシンプルな方法を選択しました。いつものわたしとは真逆な態度が良い反応で帰ってきました。

ネットの婚活サイトに入会し、知り合い、交際することになった女性…

インターネットの婚活サイトを通じて知り合って、気の合う相手と私の旦那の古い友人が、最近、結婚しました。その男性は旦那と年齢が近く(主人は40をとっくに過ぎているのですが)周囲からは、「もう結婚は諦めている」なんて思われていました。ですが、実際には独身をとおすつもりだったわけでもなく単純に家庭を築きたいと思う女性と知り合う機会がなかっただけのようです。結婚する、と聞いた際は周りの人たちも旦那も、ビックリしてしまったそうです。と同時に、結婚したいと思える相手が見つかってよかったと、みんなが思ったそうです。40代で結婚相手が見つかってよかったなーと主人もホッとしていました。後々、聞いたところではその人は、諦め半分で婚活サイトに登録したみたいです。成功確率を気にせず、婚活サイトを利用するのもアリかもしれないですね。最近、婚活サイトが脚光を浴びるのは必然だ、と身近な事例を見ると痛感してしまいます。時代を象徴した流れともいえます。