定期的に参加する婚活でするイベントで、中学時代の知り合・・

数ヶ月に1回のペースで参加する婚活イベントで、学生の…

  • 何度か出席したことがある婚活を目的とするイベントで、中学時代のクラスメイト(男性)にばったり遭遇した失敗談があります。私が婚活しているということは、仲の良い友人にも教えないで、内緒にして活動していたのですが、婚活の場で、なんとなく見覚えのある人が。学生の時のクラスメイトと会ってしまうなんて!イベント開始直後は、はっきりと誰、とはわからなかったのですが、会話する機会があったときに、名前に目を向けて、そこでようやく思い出したのです。お互いに初対面でないことに向こうも気が付いていて、とても気まずそうな態度をしていましたが、ひた隠しにしてきた婚活しているのを知られて、私は、その比ではないほど、恥ずかしくて顔が真っ赤になってしまいました。

    結婚活動を続ける中で、疲れを感じてしまったら、少し休むようにしましょう。

  • あなた自身が結婚活動を続けていて、もしも疲れを感じているのなら、躊躇することなく、休憩しましょう。本気になって、婚活に向き合っているのに、必要としているパートナーに出会えず、段々と嫌になって、落胆してしまうということは他人事ではなく、誰にでもやってくるおそれがあります。マイナス思考担っている、と思ったら少し休憩を取りましょう。向かい風の状況では、何をしても良い成果は得られないでしょう。風向きはやがてあなたにとって良いものに変わるはずなので、良いタイミングとなるまで婚活から離れいい流れになったときに、結婚活動を再スタートさせればいいのです。婚活のチャンスをムダにしないためにも、気持ちのゆとりも必要です。そのため、焦りは禁物、とおぼえておいてください。