婚活(結婚活動)をしている人のなかには、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれた場合…

婚活(結婚活動)において、パートナーに求める条件とし・・

婚活において、生涯のパートナー相手に求めることとしてお金よりも愛情に重きをおいているなんて言う人がいますが、現実には、プロフで最初に目が行くのは顔なんです。次に年収、次に職業です。その根拠は、ぶさいくな人、は候補になることもないですし、年収が500万円を下回る男性の場合は、会うこともできません。職業について女性の場合だと、けっこういい年なのに家事手伝い、なんて書くと、働く気が無い、と男性に見られて、結婚相手として見られないでしょう。このような婚活で重視されることを理解できていないと、まず第一段階である直接会って話をすることすらなく、気づけば何十連敗、、、といった沼にはまるおそれがあります。

婚活で成果を出したいのであれば、いくつかの点に注意を払っておかなくてはいけません。

婚活を成功させるためにも、いくつか注意しておくべきポイントがあります。その注意すべきことというのは、「3度目のデート」です。この3回目のデートは、その後の結婚活動に大きな影響を及ぼすことになる可能性が高いからです。大抵の人が、初デートのときや2度目のデート時でも、まだ、お互いに緊張感がしっかりあるので、相手に拒絶されるような大きな失敗は避けやすいものの、3度目となると、ついつい油断して、思わず、つい相手から引かれる言動をしてしまって、次のデートの約束はできなくなるでしょう。「なかなか矯正できない悪癖を持っている」というように、なんとなくする悪い癖があるという人は特に要注意です。例えるなら、会話中に、無意識に爪を噛むクセがあったり、更に、クチャクチャ音を立ててたべたり、誰かに指摘されないと気付くことのできない癖があったりするので相手が楽しく過ごせるように、十分注意しましょう。