婚活(結婚活動)をしている人のなかには、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれた・・

結婚活動(婚活)をしている人のなかには、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれ・・

婚活では、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれた場合お金よりも愛情を優先していたいなんて言う人もいるでしょう。ですが、現実、プロフィール欄で一番最初に目が行くのは顔なんです。次に年収、その次に職業。それを裏付けるように、ルックスがよくない人、は相手にはされず、年収が500万以下の男性の場合ですと、女性と出会う機会もガクンと落ちます。職業も女性の場合だと、若くもないのに家事手伝い、と記載していると、家計を支える気持ちがない人、と男性から判断されてしまい、結婚対象としてスルーされる可能性があります。といったように婚活で重視される部分を疎かにしていると、まず第一段階である会える段階すら踏めず、失敗続き、というような沼にはまってしまうかも。

結婚活動で上手くいくためにはいくつか気をつけておかなくてはなりません。

結婚活動を成功させるためにも、いくつかの点に注意を払っておかなくてはいけません。それというのが、「3回目のデート」なのですが、この3度目のデートというのは、その後の進行に多大なる影響を与えることになる可能性が高いからです。大抵の場合において、初対面や2度目は少し緊張感が残るのが普通なので、大きなミスは防ぎやすいのですが、3度目になれば、緊張しにくくなり、自分で気づかいないうちに相手から引かれる言動をしてしまい、次のデートの約束はできなくなるでしょう。「ずっと悪いクセを持っている上、なおらない」など、悪い癖があるという人は、デートで失敗しないように意識しましょう。例えばですが、話している際、鼻をほじってしまったり、食べ方が子供じみてたり、箸の持ち方がヘンだったりなど、誰かに指摘されないと気付くことのできない癖があるので相手が不快にならないように、十分注意しましょう。