婚活(結婚活動)において、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれた場合…

結婚活動では、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれ・・

結婚活動では、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれたとき愛情が一番です!と言う人がいます。ですが、現実、プロフ欄でまず最初に気になってしまうのは顔なんです。次に年収、次に職業の順番でチェックされます。そういう根拠は、容姿がひどい、はどちらも婚活市場では人気がありませんし、年収が500万円を下回る男性の場合は、女性と会うチャンスにすら恵まれません。職業も女性の場合だと、いい年で家事手伝いなどと記入すると、働く気持ちが無い人、と思われてしまい男性からは結婚対象として除外される可能性が高まります。こういった結婚活動で重視されることを理解できていないと、会って話をすることすらなく、前に進みもしない、という事態にもなりかねません。

結婚活動で成果を出したいのなら、いくつか注意しておくべき点があります。

結婚活動を成功させるためには、いくつかのポイントを抑えておかないといけません。その注意すべき点とは、「3度目のデート」で、この3回目のデートというのは、その後の相手との進展具合に多大なる影響を与えることになるからです。ほとんどの人が、初めて会うときも2回目のデートでも、お互いに緊張するので、大失敗を避けやすいのですが、3回目になれば、ついつい油断してしまい、思わず、相手から引かれる言動をしてしまって、その時点で結婚活動が失敗に終わる可能性もあるのです。「長年、悪いクセをなおせないままでいる」といったように、無意識に悪いことをするといった人は、デートで失敗しないように意識しましょう。具体例としては、会話中に、無意識に爪を噛むクセがあったり、更に、食べ方が汚かったり、箸をきちんと持てないなど、誰かに指摘されないと自分では気付かない癖が必ずあるので相手をガッカリさせないように、マナーを再チェックしておきましょう。