婚活(結婚活動)において、生涯のパートナー相手に求めることと・・

結婚活動(婚活)において、結婚する相手に求めることと…

  • 結婚活動では、結婚する相手に求めることとしてもちろん愛情です!なんて言う人もいるでしょう。しかし、実際、プロフィールで最初に目が行くのは顔です。次に年収(経済力)、次に職業が注目されます。そういう根拠として、見た目が良くない人、は候補になることもないですし、年収が500万以下の男性の場合は、実際に会うこともできないのです。職業に関して女性の場合ですと、いい歳なのに家事手伝いなどと記入すると、仕事をする気持ちが無い人、と思われ男性からは結婚相手としてスルーされる可能性が高くなります。こういった婚活で重視されることを理解できていないと、まず第一段階の直接会って話をするところまでいかず、何十連敗となってしまうと最悪なパターンに陥ってしまう事にもなりかねません。

  • 婚活を成功させるためにも、いくつかのポイントを抑えておかないといけません。

  • 結婚活動で成果を出したいのなら、幾つかのポイントがあります。その注意すべき点というのは、「3度目のデート」で、この3度目のデートというのは、その後の相手との進展具合に大きな影響を与えることになるからです。大抵の場合、初デートのときも、その次も、まだ、お互いに緊張感がほどよくあり、相手に引かれるような大きな失敗を避けやすいものの、3回目となると、相手に慣れてきて、段々とつい相手に悪い印象を与えてしまい、その時点で婚活が失敗に終わる可能性もあるのです。「子供の頃からある悪癖がなおらない」というように、無意識に悪いことをするといった方は特に要注意です。無意識に出る癖はいろいろありますが、具体例としては、面と向かって話している時、爪を噛むクセがあったり、音を立てて食べる、箸やナイフの持ち方がヘンなど、誰かに言われれないと自分では気付くことのできない癖が必ずあるので婚活相手が不安にならないように、マナーを再チェックしてみましょう。