婚活でやっているパーティーとか結婚相談所に登録する前は、…

婚活でやっているパーティーとか結婚相談所を始める前・・

私が婚活でするパーティーや結婚相談所を始める前は、並行してマッチングサイトも登録していました。自己紹介欄を見てみて気が合いそうだと思った人にメールを出してみたり、反対に受けたりして、サイト内でのやり取りをやって意気が合って、いい感じ…とここまではだいたいとんとん拍子に進行するわけですが、どういう訳か「近々お時間があったらぜひお会いしませんか」と切り出したら、「この頃多忙で難しい」と拒否されることが多くありました。断られた理由はよくわからないのですが、もしかしたらメールでのやり取りだけで相手は満足してしまっているのか、何よりその先へ進むのが他の方法とは異なり巨大な山場になります。メールでのやり取りだけでは時間がすごくもったいないと思うのですが、思ったよりも男の人はそうではない人が多くいるみたいです。だから私の場合早々にマッチングサイトはやめました。それに、メル友が欲しい人以外は、婚活は他のやり方の方が何倍も素早くパートナーを発見することができると思います。

近年の結婚活動では、男性の年収が300万円ぐらいの場合だ・・

昨今の結婚活動では、年収300万クラスの男性に対しては、経済的に考えると、資格持ちの女性で、バリバリ働ける女性は大きな強みになっています。一方、相手の年収500万円クラスになると、パート程度でも良いので、働く意思を持っていると、専業主婦にはなりたくない、という気持ちを強調しておくべきです。さらに、相手の年収が700万円を超えている場合なら、完全に専業主婦として、ちゃんと育児や家事にがんばるつもりだということをアピールするのが好ましいです。そのように対応すれば男性としては自分の将来に安心感を感じ、パートナーとして選ばれやすいのです。そして、何よりも女性サイドが婚活の主導権を取れ、選択肢の幅を拡げられるはずです。