婚活でするパーティーや結婚相談所に登録する前は、並行してマッチングサイトもやっていました。

私が婚活でやっているパーティーとか結婚相談所を始める前は、…

  • 私が婚活でするパーティーとか結婚相談所に登録する前は、マッチングサイトも利用していました。自己紹介欄を見てみて気が合いそうな相手の方にメールを出したり、その反対に受け取ったりして、何度かサイト内でやり取りして意気が合って…とここまではいつでもとんとん拍子に進むわけですが、どういう訳か「近々お時間があえばぜひお会いしませんか」と申し出ると、「近頃多忙で、時間を作るのは難しい」という感じで断りを言われることが多くありました。理由はよくわかりませんが、メールで行うやり取りのみで相手は満ち足りてしまっているのか、ともかくその先へ進むことが他の婚活方法と異なり大きな壁なのだと感じました。メールでやり取りを行っているのみだと時間がすごくもったいないと感じるのですが、思ったよりも男の人はそうではない人が多数いらっしゃるみたいです。だから私の場合直ちにマッチングサイトは卒業しました。メル友を求めている方でないなら、婚活は他の手法の方が何倍も早いうちに結婚相手を見つけることができると感じます。

    現時点での婚活をするのなら、男性の年収が300万円ぐらいの場合だと…

  • 現時点での婚活事情では、年収300万前後の男性については、どうしても資格持ちの女性で、バリバリ働ける女性が有利です。500万円程度の場合になると、パートするレベルでも、働く意思を持っていると、完全には専業主婦にはならないという気持ちを出しておいた方が良いです。相手の年収が700万円をオーバーする場合は、完全に専業主婦になる気持ちがあり、きちんと育児や家事全般を真面目にすることを訴えること。こういった形で相手のニーズを掴むと、男性としては将来に安心感を覚え、パートナーとしての条件を満たしやすいのです。それに、ムダなく無理なくコントロールできるようになります。