前に、婚活で行われるイベントをキッカケに出会い、その場では、カップルになることはなかったもの・・

前のことですが、結婚活動で開催されるイベントに行った際・・

その昔、結婚活動目的で行われるイベントに出席した時、その場では、カップルにはならなかったものの連絡先を交換した人がいたんです。その男性とその後、会ってデートすることになったんです。二人で食事を済ませた後、ビルの最上階に登ったりして、数時間を過ごしました。夕方近くになり、もう帰ろうかなと思っていたんですがそのタイミングでその人に僕と付き合って欲しい、と告白されました。・・・が、一日遊んでみて楽しいデートとは言えなかったので、「無理です」と、丁重にお断りしました。思いもよらないことにその人はとても腹を立ててしまい、どうしても帰ることができず半ば軟禁状態のように、何時間を浪費することになりました。性格に問題があるような人が結婚活動に参加することもある、と教訓にはなりました。ですが、出来ればそういった経験は、嫌だし、勘弁してもらいたいです。

婚活をする上で、相手の誠実なキャラクターや真面目であるかどうかいったこ…

結婚活動においては、相手の誠実さとか真面目な雰囲気が大事なことであると考えられているかと思いきや、現実は、そうでもなさそうです。婚活目的で開催されるパーティーを体験すると、実際には、コミュニケーションのスキルもかなり重要で、話が面白く絶えず笑わせてくれるような相手がモテる傾向があると気づきます。男性なら、真面目に生きてきただけの面白さを欠いた人よりも冗談を言い合える軽いキャラクターのようにコミュニケーションに長けた人の方が女性をゲットする可能性が高い。そして、女性の場合だと、清楚でおしとやかな人が理想なんて男性は言いますが、清楚すぎても考えものです。なぜなら、遊びのあの字も知らない様な女性には面白みを感じないからなのです。男性であろうが女性であろうが、どちらの場合であっても、楽しい話しができるかどうかが結婚活動では有利になります。覚えておきましょう。