その昔、婚活でやっているパーティーに出席した際、カップルとしては成立しなかったものの…

過去に、結婚活動でやっているパーティーで知りあい、その場では、カップルになることはなかったものの…

過去、婚活が目的のイベントに出席した際、カップルとしては成立しなかったものの、連絡先を交換しあった男性がいました。その人と改めて外で会ってみることになりました。食事した後、ブラブラ歩いたりして過ごしました。夕方近くになり、もう帰ろうかなと思っていたらその時、相手にいきなり僕と結婚を前提に付き合って欲しい、と告白されました。私に好意を持っていくれたことは嬉しかったのですが、会話をしてみて、違うな、と感じたので、丁寧にお断りしたのです。そうすると、その男性の態度は豹変し、なかば軟禁状態のような状況に陥り、数時間も揉めることになりました。人格に問題を抱えているような男性が婚活の場にいるのか、と教訓にはなりました。だけど、こんな怖い体験は、したくないし、本当に勘弁してもらいたいです。

結婚活動していくうえで、誠実なキャラクターや真面目であるかどうかいった・・

結婚活動していくうえで、相手の誠実な人柄や、真面目な人かどうかが大事であると考えられがちなのですが、実際には、そうでもないようです。いざ結婚活動でするパーティーに出席すると、現実には、コミュニケーションのスキルもかなり重要で、話が楽しくて、絶えず笑わせてくれるような相手がモテる傾向があると思い知らされます。男性なら、ずっと真面目に生きてきただけの柔軟性に乏しい人よりも遊び心のある相手の心を掴む術を持った方が女性をゲットする可能性が高い傾向にあります。また、女性の場合になると、清純そうでおしとやかな人が理想だなんて男性は思いがちですが、実際に清楚すぎても考えものです。どうしてかというと、遊びのあの字も知らないタイプの女性にはこれっぽっちも面白みを感じないからです。男であろうが女であろうが、いずれの場合も、とにかく楽しく会話できるかどうかが婚活では有利になるのです。覚えておきましょう。