「結婚を考えるなら、男性の胃袋を掴んだほうが良い」と昔から言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思います。そして、…

「結婚したいなら、男の胃袋をつかめ」と格言のように言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思いますが、…

「結婚したいなら、男の胃袋をつかめ」と昔から言われていて、耳にした人もいるとは思います。そして、あながち間違ってはいないと思います。結婚したら、普通で考えれば、ともに同じ屋根の下に暮らすことになるわけですが、そうなれば、当然のことながら、ともに食事をしていくので、やはり料理が得意で家事を面倒に思っていない女性が必要とされているからです。しかし、「あなたはどのような料理が得意ですか?」と相手に聞かれたときに、カレーライスやパスタと答えるのはタブーと心得ておきましょう。男性はパスタではお腹がいっぱいになりません。そして、カレーライスに関しては市販のルウさえあればいいので、ルウから作る、ぐらいでないと得意料理として挙げられても男性はガッカリするでしょう。「あなたはどんな料理が得意ですか?」と尋ねられたとき、お勧めしたい答えは親子丼。気取った印象もなく、家庭的な温かい雰囲気がありながら、盛り付けが意外に難しい料理でもあります。そのため、料理上手、と思ってもらうことができますし男性からのリアクションもまずまずなので、実際に作る練習をして自信をつけたら、婚活でアピールしてみましょう。

男性というのは、意外に女の人の手をチェックしています。ですから・・

男の人というのは、意外に女の人の手に視線を送ったりします。ですから、たとえ外見的には問題なくかわいい女性が、手荒れがひどく乾燥していたり、指先(爪)の手入れが杜撰だったりするとガッカリされる可能性があるので気をつけましょう。だからといって、なにも特別な手入れはしなくてもいいのです。水仕事の後や就寝前に手が乾燥してしまわないように、いつも欠かさずハンドクリームで保湿する程度の簡単な手入れで問題ないです。そうしておくと、爪回りもきれいな状態を保っておけます。指先(爪)のおしゃれにも気を配り、きれいにしておくのは素晴らしいことですが、逆にネイルアートバッチリの手は婚活中は男性が引いてしまう可能性が高いので、派手なものは控えましょう。