「結婚したいなら、男の胃袋をつかむのが近道」と昔から言われていて、耳にした人もいるとは思います。そし…

「結婚を考えるなら、男の胃袋を掴んだほうが良い」と古くから言われています。そして、…

「結婚願望があるなら、男の胃袋をつかめ」と格言のように言われているわけです。そして、決して間違いではありません。というのも、結婚をした場合、一つ屋根の下に暮らすことになります。そうすると、当然のことながら、まいにち一緒に食事することになるので、やはり料理ができて家庭的な女性が求められるからです。ですが、「どのような料理が得意ですか?」と相手に聞かれた際、カレーライスまたはパスタと答えるのは避けたほうが良いです。男性はパスタを軽食レベルのものと考えています。そして、カレーライスについては調理時間は掛かりますが、手抜きっぽく感じられるので、余程オリジナリティのあるものでなければ得意料理ですと答えられても男性受けはあまり良くありません。「あなたはどういった料理が得意ですか?」と尋ねられた際、おすすめする料理は親子丼。気取ったメニューでもありませんし、非常に家庭的な雰囲気にピッタリなのですが、食欲をそそる見た目に仕上げるのは難しい料理でもあります。そのため、料理の上手な女性だな、と思ってもらうことができますし男性からの印象も良いので、得意とアピールできるよう、練習してみてはいかがでしょう?

男性は、意外に女性の手に視線をやることがあります。

男性というのは、意外と女の人の手も見ています。ですので、たとえ外見的には問題なく素敵なかわいい女性でも、手が乾燥してカサカサだったり、指先の手入れを手抜きしていると、イメージダウンにつながる可能性があるので気を抜かないようにしてください。しかし、なにも特別な手入れが必要というわけではないのです。水仕事の後や寝る前にキレイな手を維持するために、毎日ハンドクリームを塗るぐらいの簡単な手入れで問題ありません。そうすると、爪回りもきれいな状態を保っておけます。指先(爪)にも気を配って、きれいにしておくのは素晴らしいことですが、その反対で、ネイルを凝りまくっているのは、男の人が引いてしまうことがありますから、控えめにしましょう。